導入事例SANBOH 販売管理をご利用のお客様の声:太陽医療品製作所

  1. トップ
  2. 導入事例
  3. 業務に支障をきたさないスムーズな導入・稼動で、とても満足しています。

株式会社 太陽医療品製作所 代表取締役 生田貴之氏

  • 住所:千代田区神田紺屋町38
  • 業種:医療機器製造・卸業
  • 従業員:3名
  • 導入時期:2018年2月

業務に支障をきたさないスムーズな導入・稼動で、とても満足しています。

株式会社 太陽医療品製作所 代表取締役生田貴之氏株式会社 太陽医療品製作所
代表取締役生田貴之氏

昭和23年の創業以来、ゴム製の医療機器に特化した地道な企業経営で長い歴史を刻み続けている太陽医療品製作所。近年では通常の卸売りとともに、問屋さんを経由して行われる大手通販サイトでの通信販売も拡大。限られたスタッフでの効率的な業務遂行へ向けSANBOH 販売管理を導入し、有効活用されていました。

専用伝票の発行も手間なく実現でき、とても助かっています。

「医療機器を扱うには、自分ではなく、使う人の目線を常に大切にしなければなりません」と語るのは、三代目社長である生田貴之氏。その言葉通り、販売している製品は本体だけでなく、利用者が自らメンテナンスできるよう各種部品まで準備しており、取扱う商品は合わせて約90種にのぼります。 そのため、10年以上前から専用機を導入して煩雑な事務処理の効率化に取り組んできました。しかし、その専用機の契約が終了してしまうことや、オペレーションを担当していた事務スタッフが退職されることから新システムへの切換を考えていた時に、たまたまSANBOH 販売管理を知り、無料のお試しサービスに申し込まれたそうです。
「事務作業の負担を増やす訳にはいきませんので、まず機械での伝票発行を止めないことが急務でした。もしも手書きの伝票になると間違いの元にもなりますし、取引先への失礼にもあたると考えていましたから。その点SANBOH 販売管理は、豊富な伝票書式データベースから現在使用している伝票に近いものをダウンロードし、少し手直しするだけですぐにフォーマットが出来上がってしまいます。 業界の専用伝票も同様に作成でき、そのまま画面に表示して入力できるため、初めて使用した私でもスムーズに作業が行え、カンタンさを実感することができました」
実際にご自分で操作し有用性を肌で感じることができた生田社長は、2018年2月にSANBOH 販売管理を正式導入。以来、当初の課題であった伝票発行も滞ることなく行われています。

JR神田駅からほど近い本社事務所JR神田駅からほど近い本社事務所

PCが得意でなくても、安心して使いこなせています。

しかし、もともとパソコン関係には詳しくなかったと語る生田社長。そこで、SANBOH 販売管理の導入・操作に不安などはなかったのか、改めてお伺いしました。
「お試しサービスのおかげもあってか、不安などはまったくと言っていいほどなかったですね。サポートサービスも導入当初から加入していますが、対応が早くて的確で、より安心感が増しました(笑)。PCはいまだに得意なわけではないですが、SANBOH 販売管理で業務を進めることに関しては、気持ちの壁とか、プレッシャーのようなものを持ったことがありません」
生田社長はさらに続けて「安心感という点で言えば、データをクラウドで保管してくれることも嬉しいですね。万一ではありますが、火事などが絶対に起きないという保証もありませんし、メディアで保存しても紛失や破損などのリスクがついてまわります。それに、税制や元号などの改正に対しても手間はほとんど無いようですので、これからも便利に使っていけそうです」
スムーズな導入〜稼働に成功した生田社長は、さらに周辺機器の拡充もご自分で行っていらっしゃいました。
「複写式伝票の出力が必要でしたので、自分でドット式プリンターを買ってきて繋げました。サポートに頼ることもなく、今も順調に出力できています。こうした使い勝手の良さにも、頼もしさを感じています」

SANBOH 販売管理を操作する生田社長SANBOH 販売管理を操作する生田社長

今後は、蓄積されたデータを経営改善に生かしていく予定です。

続いて、生田社長が次の課題としてお話くださったのがデータの有効活用についてでした。 「現在、売上や仕入の数字は確認するところまでしかしていませんが、この先は毎月蓄積されていくデータを生かして、経営の指標にできればと考えています。例えば取引先別の売上推移、特にこれまで見てこなかった前年比などは非常に興味があります。また、売上だけでなく粗利も重要ですので、様々な切り口からぜひ推移をチェックしたいですね。さらにSANBOH 販売管理では、こうしたデータを簡単に表やグラフにできますから、私にも分かりやすいかたちで情報を得られるのではと期待しています」
伝票発行を中心とした事務処理の効率化に加え、経営改善・強化を見据え、徐々に活用の幅を広げようとお考えの生田社長。最後に、費用面に関するご感想をお伺いしました。
「利便性が高く、率直に言って適切な料金だと思います。それに、先ほどお話したようにサポートやクラウドの安心感なども考えれば、安いと感じるくらいですね。できればこの料金のままで、末長くサービスを続けていただきたいと思っています(笑)」

業務に支障をきたすことなく、前システムからの切換を理想的なかたちで叶えられた生田社長。医療機器という特性から商品の安定供給は社会的責任と認識され、原材料費が上がる中でも、価格を出来る限りキープしてユーザーの皆さまに提供し続けています。
様々な目線・角度から企業努力をたゆまず続ける太陽医療品製作所の確かな足取りを、これからもSANBOH 販売管理がサポートして行きます。

QOLの向上に貢献する商品たち
QOLの向上に貢献する商品たち
QOLの向上に貢献する商品たち

効率化のポイント

複写式の伝票や、業界の専用伝票にもしっかり対応。
→ 画面上に見慣れた伝票をそのまま表示・入力ができる
日々の伝票作成で、蓄積されるデータを経営改善・強化を見据える。
→ BIツールで実現